鍛えられる部位

大胸筋が鍛えられ、胸がたくましくなります。

意識する点

手の位置は肩幅より広めに取ります。膝から頭の先まではピン、と伸ばして反ったり、山なりになったりしないようにしましょう。

肘の角度が垂直になるまで体を床に近づけます。床すれすれまで、大胸筋を意識しながら、ゆっくりと下ろします。戻すときもゆっくりと筋肉を意識しながら戻します。回数を重視して反動をつけて早く、何回もやるよりも、筋肉をゆっくりと動かすことの方が、負荷を強くかかり、効果もしっかりと現れます。

注意する点

体が常に一直線になるように意識しましょう。体を倒す深さが浅いと効果が薄れます。

回数 / セット数

15回、3セット

まとめ

・体を一直線にし、ゆっくりと体を下ろす。
・回数ばかりを重ねることを意識せず、動作は一定スピードで。
・手を広げる幅を大きくすればするほど、大胸筋への負荷が強くなります。

普通の腕立て伏せに取り組むのが難しい方でも、膝を立ててからの腕立て伏せであれば、負荷を軽減して大胸筋を鍛えることができます。ぜひ、取り組んでみてください。

体の悩み解決ならパーソナルトレーニング

あなたの体の悩みを、パーソナルトレーナーに頼ってみませんか??

パーソナルトレーナーは体とトレーニングに関するプロフェッショナルです。 食事指導・運動指導を行い、あなたの目標を達成するまで1対1で真剣にサポートします。

Fitmo(フィットモ)では、数百ものパーソナルトレーニングジムと提携しており、あなたにあったベストなパーソナルトレーニングジムを紹介できます。

パーソナルトレーニングジムってどんなところがあるの?と少しでも興味を持った方は↓のリンクからLINEの友達登録をお願いします!

Line banner b96115868668a5870090b7791d41734ec935d212a6ce012ef9f81419b761b026
Thumbnail a69089df 1423 4c5c a078 dc488394eb9c

この記事をお届けした
Fitmoの最新情報を
してチェックしよう!