なぜお茶で痩せるの?

編集部

「これを飲めば痩せる!」や「脂肪がつかない」といったお茶をよく見かけますが本当に効果はあるんですか?

高山 菜緒 監修トレーナーからアドバイス

日本赤十字社救急法救急員 健康運動実践指導者 オープンウォーターダイバー 一般社団法人ボディリラクゼーション従事者安全安心機構 全米ヨガアライアンス200

Thumbnail 87b05c60 832e 4f3a 87f7 9db69b0a6cb7

確かに最近はコンビニでもそのような機能性表示のお茶を見かけますね。もちろん一定の効果はありますよ。

編集部

そうなんですね!早速買ってみます!

高山 菜緒 監修トレーナーからアドバイス

日本赤十字社救急法救急員 健康運動実践指導者 オープンウォーターダイバー 一般社団法人ボディリラクゼーション従事者安全安心機構 全米ヨガアライアンス200

Thumbnail 87b05c60 832e 4f3a 87f7 9db69b0a6cb7

ちょっと待って下さい!「飲むだけで痩せる」なんてことはないのでしっかり効果を解説しますね。

痩せるお茶というのは食事に加えて飲むとダイエットをサポートしてくれるという食品です。飲むだけでダイエット効果やメタボの改善に繋がるのなら嬉しいですよね。お茶で痩せると言われるその理由を見ていきましょう。

痩せると言われる理由

『痩せるお茶』や『ダイエット茶』と言われるお茶ですが、痩せるというのは間違いです。ただ、これは”お茶を飲むだけ痩せる”というのが間違えであり、ダイエットの基本である運動や食事の管理などに加えて痩せるお茶を摂取することでダイエット効果があると言えます。

『痩せるお茶でダイエットをしたことあるけど全く痩せなかった』という経験がある方は普段の生活にお茶を飲んでいただけ、ということが多いのではないでしょうか?お茶メインで痩せるのではなく、あくまでダイエットをサポートする食品として摂取するといいですね。ダイエットをサポートする上でどんな効果や作用があるのかはお茶の成分に関係してきます。

ダイエット中に不足しやすい食物繊維などの成分をお茶で摂取することにより、身体の不調を補ってくれます。また、薬やサプリメントとは違い、時間や飲むタイミングなども自分の好きな時間に摂取することができるので気軽に取り入れることができます。水筒やタンブラーに作っておけば持ち歩くことも可能ですね。では、痩せるお茶にはどのような成分が含まれているのか、次の項目で見ていきましょう。

痩せるお茶に含まれる成分

痩せるお茶には様々な成分が含まれています。
まず一つ目はポリフェノールです。ポリフェノールには食事の際に摂取した脂肪を、体内で吸収しにくくしてくれる働きがあります。ダイエットを行う上ではできるだけ余分な糖や脂肪を体内に吸収したくないですよね。痩せるお茶には基本的にはポリフェノールが含まれているものが多いと思います。また緑茶に多く含まれるカテキンもポリフェノールの一種で、お茶を飲んだ時に苦みや渋みの正体がカテキンです。カテキンには血糖値を緩やかにする働きがあるため、食前・食中・食後に飲むことでダイエットに繋がるのです。

二つ目はカフェインです。よくコーヒーに含まれているのは聞いたことがあるかと思いますがお茶にも多く含まれているのです。カフェインにはリパーゼという脂肪を代謝する酵素のリパーゼを活性化させる働きがありますので、脂肪を分解したり、血行促進したりする働きがあるのです。食事と一緒に摂取することによって脂肪燃焼しやすくなると言われています。さらにカフェインには褐色脂肪細胞を活性化させる働きもあります。褐色脂肪細胞とは、いわゆる『痩せ体質』をつくる細胞のことで、褐色脂肪細胞を活性化させると痩せやすくなると言われています。

三つ目は食物繊維です。食物繊維は食事と一緒に摂取することにより、脂肪の吸収を抑えてくれる働きがあります。またダイエット中は食事の量を減らしたり、水分量が減ったりしやすいので便秘になりやすいですが、食物繊維を摂取することで便秘の解消にもつながります。また、ダイエットには血糖値の急激な上昇を防ぐことも重要ですが、食物繊維には血糖値の上昇を緩やかにしてくれる働きがあります。

四つ目はビタミンやミネラル。特にビタミンBは摂取した糖をエネルギーに変換してくれる成分があったり、エネルギー代謝を高める成分が含まれています。ミネラルはカリウムやマグネシウムが多く含まれているのでカリウムはナトリウムを外に排出して血圧を下げたり、筋肉の働きを良くして代謝をサポートする働きがあります。また、マグネシウムは酵素の働きサポートをして血圧の上昇を抑える働きがあります。

ダイエット効果のあるお茶ランキング

痩せるお茶とひとくくりに言っても種類はたくさんあって何がいいのか分からないですよね。いくつかのお茶をピックアップしてオススメをランキング形式で見ていきましょう。

1位 プーアル茶


プーアル茶はコンビニなどでも売られていて飲んだことがある肩が多いのではないでしょうか。理由としては味が番人受けしやすく飲みやすい、プーアル茶にはポリフェノールがたくさん含まれていて糖や脂肪の吸収を抑えてくれます。特にカロリーコントロールをしたい人や外食が多い人にはオススメです。またプーアル茶には脂肪を燃えやすい形に変えるという作用を持っているので運動を加えることによってより脂肪燃焼を効率的に行えるようになります。


2位 杜仲茶


これはあまり聞き馴染みのないお茶だと思いますが、杜仲茶(とちゅうちゃ)には肝臓の働きを活発にして脂肪分解酵素リパーゼを分泌させ、脂肪やコレステロールの吸収を抑える効果があります。さらに血行を良くする効果もありますし、内臓脂肪の燃焼も助けることができるのでダイエット効果を高めるお茶と言えます。


3位 美甘麗茶


美甘麗茶は有名なモデルさんがプロデュースしたダイエット茶です。ゼロカロリーなのに甘さがあり、ダイエット茶を飲みたいけどカフェインが気になる・・・という方には嬉しいノンカフェインのお茶です。キャンドルブッシュという成分が含まれておりタンニンやフラボロイドのポリフェノールによって糖や脂肪の吸収を抑えてくれます。また他にも鉄分が多く含まれるコーン茶やアントシアニンとイソフラボンが含まれる黒豆なども入っているのでダイエット効果と美容効果も高いお茶です。綺麗になりたいという女性にオススメです。


4位 青の花茶


見た目が青いこの花茶は『バタフライピー』と呼ばれる青い花によってこの色になっています。バタフライピーにはアンチエイジング成分としても有名な抗酸化物質ポリフェノールの一種アントシアニンをたっぷりと含んでいます。また花茶はノンカロリー・ノンシュガー・ノンカフェインと女性に嬉しい効果があり、ダイエット効果とアトシアニンが含まれているのでリラックス・アンチエイジング効果が高いと言えます。また見た目も綺麗なので見るだけでも落ち着きますね。


5位 漢方


漢方にもダイエット効果の高い種類のものはたくさんありますが、漢方は自分で選ぶのは難しいです。また購入したとしても自分の身体に合わなければ効果は半減してしまいますし、値段も他のお茶に比べて高くなります。漢方は長期間飲み続けることによって効果が出やすくなるので、今では漢方専門店もあり自分の不調に合わせてブレンドしてくれるところもあります。漢方を飲むときは専門家と相談して決めることをオススメします。


ダイエットを助けるお茶で効果的に痩せよう

”痩せるお茶”と謳われていても飲むだけで痩せるわけではありません。ダイエットの基本である食事と運動をしっかりと取り入れた上で、脂肪燃焼をしやすくしたり、便秘の解消喉にも繋がっていき、お茶の効果も出やすくなります。

市販で売られているものはティーバッグなどが多く、作るのも時間や手間がいらないので便利ですよね。

高山 菜緒 監修トレーナーからアドバイス

日本赤十字社救急法救急員 健康運動実践指導者 オープンウォーターダイバー 一般社団法人ボディリラクゼーション従事者安全安心機構 全米ヨガアライアンス200

Thumbnail 87b05c60 832e 4f3a 87f7 9db69b0a6cb7

正しい飲み方を理解して、効率的にダイエット効果を高めていきましょう。

【あわせて読みたい】

体の悩み解決ならパーソナルトレーニング

あなたの体の悩みを、パーソナルトレーナーに頼ってみませんか??

パーソナルトレーナーは体とトレーニングに関するプロフェッショナルです。 食事指導・運動指導を行い、あなたの目標を達成するまで1対1で真剣にサポートします。

Fitmo(フィットモ)では、数百ものパーソナルトレーニングジムと提携しており、あなたにあったベストなパーソナルトレーニングジムを紹介できます。

パーソナルトレーニングジムってどんなところがあるの?と少しでも興味を持った方は↓のリンクからLINEの友達登録をお願いします!

Line banner b96115868668a5870090b7791d41734ec935d212a6ce012ef9f81419b761b026
Thumbnail 6e864cbb 65fc 4ef6 881a bbb06b285a87

この記事をお届けした
Fitmoの最新情報を
してチェックしよう!